相田みつを特集


『しあわせ』しあわせはいつも自分のこころがきめる みつを
『しあわせ』

相田みつを (1924〜1991)


書家・詩人として誰のまねでもない、自分の書、自分の言葉を探求し続けた相田みつをは戦中戦後の動乱期に青春時代を過ごし、“いのち”の尊さを見つめながら、独自のスタイルを確立し、多くの作品を生み出していきました。 自分の弱さや甘えを正直にさらけ出し、人間である自分をあるがままに表現した相田みつを。
その作品は、いまを生きる人々の心の中に、あるときはしみじみと、またあるときは力強く語りかけてきます。
『うつくしいものを』うつくしいものを美しいと思えるあなたの心が美しい みつを
『うつくしいものを』

【略歴】
1924 5月20日、栃木県足利市に生まれる。本名は、相田光男。
1942 旧制栃木県立足利中学校卒業後、歌人の山下陸奥に師事する。
生涯の師となる曹洞宗高福寺の禅僧・武井哲応老師と出逢い、在家のまま師事し仏法を学ぶ。
1943 書家である岩沢渓石に師事。
1984 『にんげんだもの』を出版、後にミリオンセラーとなる。
1991 12月17日、足利市内の病院で、脳内出血により逝去。享年67歳

【著書】
『にんげんだもの』『一生感動・一生青春』
『雨の日に・・・』『しあわせはいつも』(文化出版局)
『おかげさん』『命いっぱい』(ダイヤモンド社)
『いちずに一本道いちずに一ツ事』(佼成出版社)他多数。





相田みつを美術館
相田みつを美術館
【相田みつを美術館 】
住   所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
東京国際フォーラムガラス棟地下1階
T E L 03-6212-3200(代表) 03-6212-3202(ガイド)
F A X 03-6212-3201
開館時間 10:00〜17:30(入館は17:00まで)
休 館 日 月曜日(祝・祭日の場合は開館)
入 場 料 一般・大学生―800円
中・高校生─500円
小学生─200円(未就学児は無料)
70歳以上の方─500円