いわさきちひろ特集

『枯れ葉の中の少年』
『枯れ葉の中の少年』

いわさきちひろ (1918〜1974)


1918年生まれ、福井県出身。
いわさきちひろは、福井県武生市(現在の越前市)生まれの絵本作家である。
初期作品には、岩崎ちひろ、岩崎千尋名義で発表されたものが存在する。
『あやめと少女』
『あやめと少女』

【経歴】

三人姉妹の長女として生れる。子どもをテーマにたくさんの作品を残す。
明るく淡い透明な水彩画で、赤ちゃんや子どもたちの、色々な表情を生き生きと描き続けた。 子供の発達段階を、数ヵ月の単位で、描き分けることができる観察力と表現力を有していました。

自分の戦争体験から、晩年はベトナム戦争にこころを傷め、 「世界中のこどもの平和と幸せ」を願いつつ、 1974年(昭和49年)、55歳の若さでこの世を去る。

【主な作品】

『ひとりでできるよ』 『あいうえおのほん』 『絵のない絵本』 『わたしがちいさかったときに』『あめのひのおるすばん』 『ことりのくるひ』 『戦火のなかの子どもたち』

モデルなしで10カ月と1歳のあかちゃんを描き分けたちひろは、その観察力とデッサン力を駆使して、子どものあらゆる姿を描き出しています。ちひろの描く子どもたちは、母親として子育てをしながら、20年余りも子どものスケッチを積み重ねるなかで生まれてきました。


【略歴】
1918 12月15日、福井県武生市に生まれ。翌年、東京に移る。本名、松本知弘(旧姓、岩崎)。
1933 岡田三郎助に師事、デッサン・油絵の勉強をはじめる。
1936 朱葉会女子洋画展に入選。
1937 小田周洋に師事、藤原行成流の書を習いはじめる。
1942 中谷泰に師事、再び油絵を描きはじめる。
1946 日本共産党に入党、人民新聞の記者となる。日本共産党宣伝部・芸術学校に入る。赤松俊子(丸木俊)に師事。
1948 新聞のカット・挿絵、絵雑誌、教科書の仕事の多く手掛ける。





1949 紙芝居「お母さんの話」を出版し、翌年、文部大臣賞を受賞。
1956 小学館児童文化賞を受賞。
1960 「あいうえおのほん」を描き、翌年、サンケイ児童出版文化賞を受賞。
1964 安泰、遠藤てるよ、久米宏一、滝平二郎、東本つね、箕田源二郎らと「童画ぐるーぷ車」を結成。
1971 「ことりのくるひ」を描き、73年、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。
1974 8月8日、肝臓ガンのため逝去、享年55歳。
没後、『戦火のなかの子どもたち』で、ライプツィヒ国際書籍展銅賞を受賞する。