竹久夢二特集

『産衣』
『産衣』

竹久 夢二


竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。

大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、 子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。

また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるもののデザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。

『片想い』
『片想い』

1884 9月16日、岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名、茂次郎。
1899 神戸中学に入学。12月、同校中退。
1900 福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転籍。
1901 上京。

『雪の日』
『雪の日』

1902 早稲田実業学校に入学。
1905 「直言」にコマ絵掲載される。「中学世界」に“筒井筒”が第一賞入選し、投書家時代を終える。
1909 最初の著作「夢二画集・春の巻」発行。ベストセラーとなり、夢二の抒情画は天下にひろまる。

『紀伊国屋』
『紀伊国屋』

1912 京都府立図書館において第1回夢二作品展覧会開催。
1918 京都府立図書館において第2回竹久夢二抒情画展覧会。
1931 アメリカ・ヨーロッパへ旅立つ(昭和8年帰国)。
1934 9月1日富士見高原療養所で50歳の生涯を閉じ、有島生馬氏らにより雑司ケ谷墓地に埋葬される。

『幸せの予感』
『幸せの予感』