横山大観特集

『海邉之松・寿』
『海邉之松・寿』

横山大観 (1868〜1958)


横山大観(正字体:大觀)は、日本の美術家。日本画家。茨城県水戸市出身。

近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を 確立した。帝国美術院会員。第一回文化勲章受章。

死後、正三位勲一等旭日大綬章を追贈された。茨城県名誉県民。東京都台東区名誉区民。

本名、横山秀麿(-ひでまろ)。
『竹雨』
『竹雨』

【略歴】
1868 水戸藩士酒井捨彦の長男として生まれる。
1885 東京英語学校に入学、その傍ら、渡辺文三郎に鉛筆画を学ぶ。
1888 母方の姻戚横山家を継ぎ、姓を横山と改める。結城正明に就き、毛筆画を学ぶ。東京美術学校創立事務所に狩野芳崖を訪ね、教えを受ける。
1889 東京美術学校第一期生として入学。岡倉天心、橋本雅邦らに学ぶ。
1893 東京美術学校卒業。
1896 京都市立美術工芸学校予備科教諭を退職。東京美術学校助教授となる。
1897 第二回絵画共進会に『無我』出品。銅牌受賞。
1898 東京美術学校助教授辞職。日本美術院創立に参加。第五回絵画共進会に『屈原』出品。銀牌一席受賞。
1899 第七回絵画共進会に『夏日四題』出品。銅牌受賞。

1900 第八回、九回絵画共進会に『長城』、『木蘭』を出品。それぞれ銀牌、銀牌一席を受賞。
1901 菱田春草と、九州・北陸各地へ写生旅行。
1902 第十二回・十三回絵画共進会に『茶々渕』、『迷児』を出品。それぞれ銀牌一席、銀牌を受賞。
1903 春草と共にインドに出発。カルカッタで作品展を開く。第十五回絵画共進会に『釈迦父に逢う』を出品。
1904 春草らと共に渡米。ニューヨーク、ボストンで作品展開催。
1905 春草らと共に渡欧。ロンドン、ベルリン、パリで作品展を開く。帰国後、春草と連名で『絵画に就いて』発表。
1907 文展審査委員。国画玉成会評議員となる。
1909 第三回文部省美術展覧会に『流燈』を出品。

1913 日本美術院を再興する。
1920 『三保の富士』『秋の富士』制作。
1923 第十回院展『生々流転』出品。
1924 下村観山、竹内栖鳳、川合玉堂らと淡交会を結成。
1930 イタリアに美術使節として出発。
1935 帝国美術院会員となる。
1937 文化勲章を受章。
1940 紀元2600年奉祝記念展に『山に因む十題・海に因む十題』を出品。
1952 第三十七回院展に『或る日の太平洋』を出品。『霊峰不二』制作。
1955 第四十回院展に『風簫々兮易水寒』を出品。
1957 作品『不二』絶筆となる。
1958 死去、享年89歳。(数え年、91歳)